2011年09月29日

猿之助三代

9月28日(水)

昨日から「猿之助三代」という本を読み始めたところ、今朝のテレビのニュースが、個人的にタイムリーでビックリ。以下産経ニュースからコピペ。

「市川亀治郎さん(35)が来年6、7月の新橋演舞場「初代市川猿翁(えんおう) 三代目市川段四郎五十回忌追善興行」で、伯父の名跡を継ぎ四代目市川猿之助(えんのすけ)を襲名する。27日、松竹が発表した。同時に当代猿之助さん(71)が二代目猿翁に、また猿之助さんの長男で俳優の香川照之さん(45)が九代目市川中車(ちゅうしゃ)を襲名する。香川さんの長男の政明さん(7)も、五代目市川団子
(だんこ)として初舞台」

丁度、「だんご」というのはあまり響きが良くないので「だんこ」と読まれるが、と学んだばかり。亀次郎は団子を名乗ったことは無い、と言うことで、五代目団子が五代目猿之助になったりするのかな。


posted by チェリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

新洗濯機 AQUA AWD-TQ80 購入

9月24日(土)

我が家の洗濯機は、10数年前に中古で貰った物で、容量4.2リットルの、いわゆるローエンドのモデルであった。しいて言えば、脱水時の音が派手であった(ゴムパーツのへたり?)り、その時にかなり引っ張られるようで、古めのTシャツがタグのところから破れたりする事もあるが、そのほかは特に問題は感じてはいないながらも、色々と考えるところがあり洗濯機を買い換えた。

DSCF3264.jpg DSCF3266.jpg
古いNational NA-42S6とAQUA

日立とか東芝のコンベンショナルなモデルにするか、ハイテク系にするか非常に迷ったのだが、時節柄、ついサンヨーのAQUA AWD-TQ80なるモデルを購入してしまった。9月10日(土)にやってきたが、まず設置でひと揉め。なんでも水のストッパーが無いと設置できないという。じゃ、売ってくれと言うと、持ち合わせていないと。結局ブツブツ言いながら設置して行ったが、気分悪い事このうえない。まあ、1Fなので水漏れしても下に漏れないので、何かあっても、訴追される事は無いと判断したのだろう(笑)。ちなみに設置は運送会社だった。

それで新しい機械はどうかというと、選択に失敗したようだ。ハイテク系というのは、少ない水量で、コンベンショナルなモデルと同じぐらいに洗える、という位置づけの製品のようで、とにかくやたらと少ない水量で洗おうとする。たとえば全自動に任せると、下着のシャツを5枚を16リットルで洗おうとするが、さすがにこれでは良く落ちない。なので、全自動でありながら、適宜マニュアルで水量調節をしないと期待が外れる事になる。まあ、一般的な構成の家族とかであれば、一度に洗う量もある程度あるので、さほど問題はなくメリットを享受できるのかもしれないし、そうでなければ買う人はいないだろう。

洗濯機は試して買うことが出来ないので、勢い(出た死語!)めくら買いになる、厄介な買い物だと悟った。あっさりとした考察と結論だが、独身者や小家族は、コンベンショナルなモデルを買った方が無難だと思うよ。
posted by チェリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

太陽食堂@代田橋

9月18日(日)

お気に入りだった、下北沢の太陽食堂が先月末で閉店したと聞いていたが、なんと代田橋の方に移転しており、偶然にその前を通りかかって発見。

豚レバはあまり好きではないんですけど、ここのレアに焼いたレバは別格だ。他のメニューも安くて美味しいので、近くの方は是非訪れてみてください。他にも何件かあるみたいだ。

かつて食べた、和光のブギウギという店のレバも、美味であったことを思い出したりして。
posted by チェリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

柳家喬太郎プロデュース公演『落語ジャンクション Special』@下北沢・本多劇場

9月4日(土)

2時から開演で、ギリギリ間に合いましたが、入場して席に着くなり、そのシートの狭さに驚きました。最後にいつ来たか忘れましたが、昔からこんなでしたっけ?それにしても前席の若者の両肩がシートからはみ出て、肩、腕が両隣の人と密着し、本人も両隣の人も、見ている方も辛い状態です。このホールが出来て30年近く経っている事は知っていますが、その間に日本人の体位に飛躍的な向上があったのでしょうか?あるいは、なるべくたくさん詰め込んでなるべく安く、という下北精神が発露されているのでしょうか?

またそんなグレーなインプレから始めてしまったが、オープニングの三遊亭天どんは初めてだが、結構楽しめた。百栄のマクラは同じ話が多くないですか?演目自体は良かったです。白鳥のコロコロは分かるけどねぇ。牡丹燈籠は良く分かりました。久々の喬太郎でしたが、このネタもねー。

なんかスッキリせず居酒屋へ行くが、時間も早いし日曜なので早めに切り上げ、更にスッキリしない感が積み増された日でした。

ひと夏の経験  三遊亭天どん
弟子の強飯  春風亭百栄
コロコロ  三遊亭白鳥
仲入り
牡丹燈籠〜お札はり〜 神田茜
カマ手本忠臣蔵 柳家喬太郎
posted by チェリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。