2012年01月12日

ワッツタワーズ新春オープンプライスライブ@ Shibuya O-West

1月11日(水)

ワッツタワーというバンドのリーダー?の岸野氏のバースデーパーティーライブに、何と、お祝いとしてスパークスがミニライブをやると言うので馳せ参じる。開場と同時に、北親子が2階の席を確保してくれたので、遅参するも、横の方だが座って見る事が出来た。

オープニングは、Alfred Beach Sandalというギター・デュオで一人が歌う。次が戸川純、風邪をひきのため調子が最悪との事で、確かに声も辛そうだ。次にいよいよスパークス登場。顔見せ程度にカラオケ口パクぐらいで、適当にお茶を濁すのかと思いきや、予想は大きく外れる。

何とロンのピアノ(YAMAHA MOTIF XF8)のみをバックにラッセルが歌う。そう、まるで誕生パーティーに来ていた彼らが、じゃ、ちょっと歌いましょうかと、そこで始めた感じだ。

今まで座っていた2階の客も、前の数列を除いて皆立ちあがる(そうしないと実は良く見えない)。もう出だしから、あまりの素晴らしさに息を呑む。一切のギミック無しで、あの語数の多い長い歌詞を歌う。若干、喉の調子が悪そうで、曲が終わると、しきりに水を飲んでいたが、終わってみればアンコールを含め7曲を歌い上げ、涙が出そうなぐらい感動しました。岸野氏にも感謝。

spks.jpg

ロンがリクエストしたキーボードが届かず、マルチプルを頼んだのに、そうじゃない!なんて言っていたらしいが、なんとリハの途中で、リクエストしていたブツが発見されたりして、結構混乱していた模様。


シークレットゲスト:R&R Brothers (From LA)

Propaganda
Dick Around
Never Turn Your Back On Mother Earth
This Town Ain't Big Enough for Both of Us
Change
Something for the Girl
・・encore
I Married Myself


posted by チェリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。