2012年06月26日

レコファン下北沢店閉店

6月25日(月)

レコファンの下北沢店が昨日6月24日で閉店してしまった。確か下北沢がレコファン発祥の地であったと聞いている。最近は特にCDをリアル店舗で購入する事がめっきり減っていたのだけれども、ここだけはたまに覗いては、こんなのが出たのかと購入していただけに残念。

CD屋と本屋はこれ以上減らないで欲しいが・・・。


posted by チェリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

LED電球の謎

6月24日(日)

特に夏の来訪者には暑くて評判の悪かった、テーブルの上の電球をLEDに交換してみた。自分なりにスペックを検討し、東芝のE-CORE LDG10Lを購入。今までが60w電球だったため、同等の明るさと言われている730lmが決め手になったのだが、なんと明るすぎ!光が拡散せずに下方に向かうため、こんな事になったと推測。とりあえず片方だけ点灯して暮らしている。消費電力120Wから10Wなので、発熱も少なく大幅なエコになってはいますが、何か違う気がする(笑)・・・。

DSCF3731.jpg
左がLED大きさはほぼ同じ

DSCF3732.jpg
点灯して比べるとこんな感じ

posted by チェリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

「桂あやめvs三遊亭白鳥 東西創作落語 対決」@牛込箪笥区民ホール

6月22日(金)

新宿二丁目の例の道楽亭が、初めて外の会場で主催するイベントで、お初の桂あやめでしたが、最初のトークショーでの嫌な予感がズバリ的中。しかしこの手のクレームは誰に言えば良いのでせう。特にこのホールのPAは最悪の部類に入る物で、舞台上手の端の方の前から5番目の席でしたが、すぐ前にスピーカがあり、マイクを通した桂あやめの声がでか過ぎて、歪むしハウるし耳が痛くなるし、で落語を楽しむどころではありませんでした。

客の入りも半分ほどで、真ん中から後ろのはガラガラだったので、よほど移動しようかと思いましたが、隣にY氏も座っているし、ちょうど最近、大人気無いと思われるような言動を、控えようと思った矢先だったので躊躇してしまいました。さすがに誰からクレームが入ったのか、中入り後は少し音量が下がりましたが、ピーク近くでは変わららず耳を突き刺します。プアなPA、プアなオペレーション、何とかなりませんか?
大人気ない言動自粛も撤回して書いてしまいました。

オープニングトーク・・・あやめ・白鳥
17歳・・・桂三四郎
営業一課の高田君・・・桂あやめ
殿様と海・・・三遊亭白鳥
仲入り
バリバリ女子大生・・・三遊亭白鳥
セックスアンドゥジシティ・・・桂あやめ

終演後に北も合流して、市ヶ谷の炭火ダイニングみひろという店にチャレンジ。洋風な内装でありながら和食中心の居酒屋でした。
posted by チェリー at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

春風亭一之輔 真打昇進披露 6月特別公演 @よみうりホール・有楽町

6月7日(木)

チケットを忘れて、Y氏に今日は行けませんとメールを送り、一度は諦めたが、取りに帰ってからでもそこそこ間に合うでしょ、との返事に気を取り直して、家に一度戻り会場へ向かう。6時半開演だったが、到着すると三三の最中で、終わるまで一番後ろで立ち見。終わると同時に席に着き、先に到着していたY氏にご挨拶。
IMG_0001.jpg
IMG_0002.jpg
口上では皆さん噺家だけあって、気の利いた話がスラスラと出てくる・・・うらやましい。談春が変に存在感を出そうとして、少し気持ちに引っかかりが生じるたり、一馬が落語もそこそこに踊りだし少々困ったが、今日は特別な日と言うことで、自分にけりをつける。

皆さん意外と淡白な話ぶりで、それはトリを引き立てるためかと思っていたが、なんと一之輔の話も、意外とサラッとしたものだった。2月に聴いた時は、会場の大きさの違いがあるとは言え、先日の志の輔での涙が出るほど、に劣らず大笑いしただけに、ちょっと肩透かしを食らわされた感じでした。
IMG_0003.jpg

春風亭朝呂久 出来心
柳家三三 たらちね
立川談春 黄金の大黒
春風亭一朝 芝居の喧嘩
・・中入り・・
真打昇進披露口上 三三(司会)・談春・一之輔・一朝・市馬
柳亭市馬 山号寺号、深川(踊り)
春風亭一之輔 青菜

その後、海賊なる地下の店で飲食。時間が遅くなるにつれ、どんどん客が増えて、帰る頃にはほぼ満席。ちょっとした異次元感がいいのか?
posted by チェリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

第四回 日の出寄席 「立川志の輔独演会」@国際フォーラム Cホール 有楽町

5月31日(木)

席は何と前から2列目のほぼ正面!予約をした訳ではなく、発売されてから適当に購入したら、この席であった。理屈では理由は解明できないので、割り振り方の妙に嵌ったと考えよう。

バールのようなもの、はあまり引き込まれなかったが、井戸の茶碗は、人気実力共にNo1の面目躍如というか、笑いのツボにはまり、涙が止まらなくなって、どうしようかと思ったほどの、1,500人を引き込む、素晴らしい芸であった。

また機会があれば、是非聴きに行きたい。

前座 子ほめ 志の太郎
バールのようなもの 志の輔
・・・仲入り・・・
バイオリン漫談 マグナム小林
井戸の茶碗 志の輔
posted by チェリー at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。