2011年05月13日

London Calling が現実に?

5月12日(木)

ここに来て立て続けに、興味深いと言うか、深刻と思えるニュースが次々と舞い込んで来る。以下備忘録兼ねて記す。本来、こわれもの、の次は、危機なんだけどね(笑)。

「福島第1原発事故で東京電力は11日、3号機で海水を取り込む取水口に近いたて穴(ピット)に放射性物質を含む汚染水が流入し、海に流出したことを確認したことを明らかにした。・・・水からは海水濃度限度の62万倍のセシウム134などを検出。」

「東京電力は12日、東日本大震災で爆発事故を起こした福島第一原発1号機の核燃料が溶けて原子炉圧力容器の底にたまって穴が開き、水が漏れていることを明らかにした。燃料を冷やすために入れている水が圧力容器の1割以下しかたまっていなかった。溶けた燃料が格納容器に漏れ出ている可能性も否定できないとしており、今後の原子炉の冷却作業は大幅に遅れる見通しだ。・・・東電原力・立地本部の松本純一本部長代理は「実際には燃料は形状を保っておらず、大半が溶けて底にたまっているとみられる。底にわずかにたまった水で燃料が冷やされていると考えられる」と説明。また、「核燃料が圧力容器の外に漏れているとは考えていないが、可能性は否定できない」とも話した。 燃料が溶け、格納容器の損傷の可能性も高いことから、東電では、注水量の変更など作業の見直しをすることにしている。 また、経済産業省原子力安全・保安院も、燃料が溶けて圧力容器の底にたまる「メルトダウン」が1号機で起きた可能性が否定できないとしている。」

「東京電力は12日、福島第1原発1号機で、調整をした水位計で原子炉圧力容器内の水位を測定したところ、水位は通常時の燃料上端から5メートル以下で、長さ4メートルの燃料が完全に露出して溶け落ち、圧力容器底の水で冷やされているとみられると発表した。」

1号には、今まで360立方メートルの容器に10,000立方メートルの水を注入しているんだから、ダダ漏れは分かっていたと思う。とりあえず炉の温度が上がらなければ、何をしても良い、という状態だけど、漏れた水は何処へ行ったのか考えると恐ろしい。

でもって、次の記事もまたごっつい。調べれば簡単に当該マップが見られると思う。

「文部科学省は6日、福島第一原発から80キロ圏内の地表の汚染マップを初めて公表した。米エネルギー省と協力し、航空機を使って、地表1〜2キロ四方で放射性物質の蓄積量を測って作った。原発から北西方向を中心に避難区域外の一部でも、高レベルの汚染地域が見つかった。
 今回のマップは、上空からの測定値をもとにしているため、文科省は今後、地上での実測データを増やし、きめ細かな避難区域の設定の判断などに役立てる方針だ。
 調査は4月6日〜29日行った。米エネルギー省は飛行機とヘリの計2機で60キロ圏内を、文科省は民間ヘリ1機で60〜80キロ圏内を観測した。放射線計測器を搭載し、約150〜700メートル上空から地上を観測。放射性物質ごとのエネルギーの違いから、半減期が約30年のセシウム137や、約2年のセシウム134の蓄積量を調べた。
 この結果、原発から北西方向にセシウム137が1平方メートルあたり300万〜1470万ベクレルの汚染地域が帯状に広がっていた。チェルノブイリ原発事故では、セシウム137が55.5万ベクレル以上の地域が強制移住の対象となった。今回のマップでは、計画的避難区域の飯舘村や浪江町などの外でも一部、この水準を超える地域もあった。
 京都大原子炉実験所の今中哲二助教は「汚染地域が広域で驚く。避難計画や、道路や公共施設などの除染対策の参考になる」と話している。」

爆発等の劇的なことが起こらなくとも、既に、これだけ汚染されているという事。それにしても淡々とした文章ですが、1470万ベクトルとか、100万ベクトルって凄くないですか?もうメルトダウンしてしまったので、これ以上の汚染は無いのか、これからなのか・・・。

今のところ、汚染された気体や水は、地球が薄めてくれ助かっていますが、そうは行かない土地の汚染については、日本という単位で受け止めるほかありません。それゆえか被害を軽く見せ、コストがかかるのを抑えようとしているような気がします。生命に関わる危険を回避するのが基本であれば、問題がありそうな所にいる方々には、早急に退去してもらい、人的被害の拡大を食い止める方策に徹するべきだと思うのですが、現状が日本の国力の限界なのかも。

きっと現場では、現状がリアルに判っているだけに、大きなプレッシャーの中で手を尽くしているのだとは思うが。事態が少しでも良くなる事を、切に願っている。ストラマーの妄想?が現実では困るのだ。


posted by チェリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。